スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

激しい運動の経験者の方は要注意です

今回来院されたのは、30代後半の男性で、腰痛の症状を抱えておられました。

学生時代水泳をされていて、バタフライの選手だったとのこと。
こうしたご経験の方の場合、「腰椎分離症」を疑います。
「腰椎分離症」とは、背骨の中心部分の「椎体」と、
背骨同士を靱帯で繋いでいる「椎弓(魚に例えると背びれの付け根部分というと分かりやすいでしょうか?)」が
折れて離れてしまう症状のことです。

原因は、激しい運動による疲労骨折と言われていて、
実際に、ラグビーや柔道をはじめとする格闘技のように、お互いの体をぶつけるようなスポーツや、
水泳でいえば、平泳ぎやバタフライなどのように腰に負担がかかる競技の経験者に多く見られます。
実は、「腰椎分離症」だけでは、激しい痛みを感じることは少なく、
この分離症のために腰椎がずれて、神経を圧迫する腰椎すべり症」になると、慢性的に痛みを感じます。
分離症になっていても、腹筋がしっかりついていると持ちこたえられますが、
年を重ねて筋力が落ちると持ちこたえられなくなり、痛みが出るという事が良くあります。
皆さんの中でも、長く座っていてから立ち上がろうとするときに、痛みを感じる方、
腰を曲げて作業していて、起き上がる時に辛いという症状がある方は「腰椎分離症」の可能性がありますので要注意ですよ。

今回の男性も、最近少し太ったそうで、
前かがみで掃除をしていて、その後痛みが出てきたとのことでした。
仕事による神経へのストレスも、原因の一つかと思われます。
実は、この方の奥様が当院に通ってくださっていて、その紹介でご来院されたのだそうです。

腰椎分離症は、病院では、生活に支障があるほどだと骨をボルトで固定するといった手術を勧められる場合もありますが、
体への負担が大きいため、よっぽど重い症状でなければ勧められません。
通常は、「湿布をして、安静にしてください」というようなことしか言ってもらえません。
当院では、骨折を治す訳には参りませんが、お腹の大腰筋の緊張を取る施術キネシオテーピングで、
筋肉の緊張を取り除き、神経のストレスを減らし、痛みを抑えることが出来ます。
定期的なメンテナンスで、再発を防ぐことも出来ます。

今回の方も、初回の施術で効果を感じていただけたご様子です。
このお話を読んで身に覚えのある方は、是非一度お気軽にご相談くださいね。


【森田健康回復センター】
愛知県豊橋市東脇4-11-15
TEL:0532-32-6971
URL:http://www.m-kaifuku.com/
TWItterはこちら
スポンサーサイト
2017-10-01 : 未分類 :
Pagetop
ホーム

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。