意外ですが、夏は「寝違え」や「ぎっくり腰」のシーズンです。

「え?ぎっくり腰は冬でしょ?」と思われる方もいらっしゃると思いますが、
意外とこの夏の時期に、「寝違え」「ぎっくり腰」で来院される方が多いんです。

寒いと確かに筋肉が緊張しやすくなるので、ぎっくり腰が起きやすくなるのは確かですが、
暑い季節には、発汗による体内の塩分不足によって筋肉がけいれんを起こしやすくなるんです。

筋肉は、脳からの電気信号で動いています。
その電気信号を発生させるためには、塩分に含まれるナトリウムが不可欠です。
汗をいっぱいかいて、ナトリウムが体外に出てしまうと、この信号が上手く伝わらず
筋肉異常やけいれんを引き起こしてしまうんです。
結果、「寝違え」や「ぎっくり腰」を起こしやすいという訳なんですね。

また、体内のナトリウムが少なくなると、
身体は水分だけを排出して体内のナトリウムの濃さを保とうとします。
こうして起きるのがいわゆる「脱水症状」です。
血液の量が減り、めまいやふらつきが起きたりします。
血流が悪くなれば、当然筋肉の疲労も回復しません
熱帯夜の寝苦しさによる睡眠不足に加えて、これでは疲れがたまる一方です。
こうしたことから、この時期「寝違え」「ぎっくり腰」での来院者が増えるんですね。

水分&塩分をこまめに適量摂ること。
暑さに対して無理をしないで、エアコンをうまく使ってぐっすり眠ること。
夏の終わりまでもう一息。元気に乗り切るために気を付けていきましょう。

それでも症状が発生してしまったら、
お気軽に当院にご連絡ください。
アイシング牽引キネシオテーピングなどお客様に合わせたカイロプラクテックの手技で
筋肉の緊張を取り除き、回復を早めるお手伝いをさせていただきます!


【森田健康回復センター】
愛知県豊橋市東脇4-11-15
TEL:0532-32-6971
URL:http://www.m-kaifuku.com/
TWItterはこちら
スポンサーサイト
2017-09-01 : 未分類 :
Pagetop
ホーム

カテゴリ