長距離走の練習の注意点

駅伝シーズンが今年も始まりました。
先日は大学駅伝が開催され、
お正月には実業団(ニューイヤー)駅伝に箱根駅伝。

こうした日本屈指の大会以外にも、
中学生や高校生の学校対抗駅伝や地域対抗駅伝などが行われますし
それぞれ勝ち進むと、東三大会、県大会と
大きな大会にもつながっていきますので
この秋から冬に開催される長距離競技の大会は多いですね。

当院には、陸上を頑張る中高生や社会人の方が大勢いらっしゃいますが
長距離選手の施術をしていて気づいたことがあります。
それは、多くの皆さんが、
体の左側に違和感や痛みを感じていらっしゃるということです。

おそらくそれは、左回りでトラックを走る練習を
繰り返すからではないでしょうか。

左回りに走り続けることで、左右のバランスが崩れ、
骨盤にゆがみが出ているのです。
施術を行って調整すれば、ゆがみは直りますが、
また練習することで歪んでいきます。
トラックを走る練習が必要な以上、
このゆがみは仕方のないことなのかもしれません。

厳しい競技の世界では、良いパフォーマンスを出そうとするなら、
体のちょっとした違和感や痛みは大きなマイナスになります。
骨盤のずれは肩や首のバランスを狂わせ、体全体を不安定にします。

頑張ってきた成果を試す大切な大会です。
メンテナンスはお任せください。
皆さんがベストなパフォーマンスを発揮して、
悔いのない結果を出していただくことを祈っています。


【森田健康回復センター】
愛知県豊橋市東脇4-11-15
TEL:0532-32-6971
URL:http://www.m-kaifuku.com/
TWItterはこちら
スポンサーサイト



2016-12-01 : 未分類 :
Pagetop
ホーム

カテゴリ