第三の腰痛

最近、「第三の腰痛」というのが話題になっています。
腰痛の原因で一般的なのが「椎間板ヘルニア」と「脊柱管狭窄症」。
前かがみになると痛むのが椎間板ヘルニア、
背中をそらすと痛むのが脊柱管狭窄症です。
この二つが、第一、第二の腰痛で、
どちらも背骨の神経の異常で、レントゲンで判別できるので
お医者さんが原因を断定しやすい腰痛だと言えます。

では、腰痛を感じる方のうち、
この第一、第二の腰痛に当てはまる方がどのくらい
いらっしゃるのかというと、なんとたった15%に過ぎないのです。
つまり、腰に痛みを感じる方の85%が
原因が分かっていないということになります。
この85%の方の痛みに対して、
骨盤の異常や筋肉の緊張・衰えといったアプローチをするのが
我々カイロプラクティックなんですね。

ちなみに、この85%の方の中に、
背骨を支える筋肉(多裂筋と脊柱起立筋)の衰えが原因のものがあり、
それが「第三の腰痛」と呼ばれているのです。
医学的には「最近判明した」と言われていますが、
カイロプラクティックがずっと取り組んでいる内容ですので
「医学的にも裏づけされたんだな。」といった感覚です。

第三の腰痛の原因である多裂筋と脊柱起立筋は、
年と共に衰えて細くなりますので
50代~60代に背骨を支えられなくなって痛みが出やすくなります。
ただし、原因は筋肉ですので、
適切な負荷をかけて鍛えることで強くし、
回復することが可能な腰痛と言えます。
ポイントは、原因(どの筋肉か)を正しく判断し、
その筋肉に対して適切な負荷をかけるトレーニングを行うことです。
気になる方は、自己判断せずに当院にご相談ください。
あなたに合ったトレーニングをアドバイスさせていただきますよ。


【森田健康回復センター】
愛知県豊橋市東脇4-11-15
TEL:0532-32-6971
URL:http://www.m-kaifuku.com/
TWItterはこちら
スポンサーサイト
2015-02-01 : 未分類 :
Pagetop
ホーム

カテゴリ