スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

リハビリが逆効果になってしまうことも・・・。

今回のお客さんは六十代の女性の方。
若い頃からスポーツなどで体を動かしている方ですが、
六十代になって、膝やら腰やら、ところどころ調子が悪くなってきたとのこと。
整形外科に通ったり、プールで歩くなどリハビリをしていたんですが
一向に良くならず、それどころか悪くなっていったそうです。
そんな時、たまたま聞いていたラジオで私が話している
(たまたまそんな機会があったんです。)のを聞いて、
「カイロという手があるのか・・・。」
と思われて来院されました。

整形での診断は、「変形性膝関節症」
それでリハビリに励んだのだそうです。
ところが、当院でお話を伺ってみると、
正座しても痛くなかったり、痛みの感じ方も
関節症とは違うご様子。
詳しく診察してみると、
関節は変形しているのではなく、
靭帯がゆるんで骨がずれている事が分かりました。

聞いてみると、若い頃体操競技で膝を傷めたとのこと。
その後も四十代までバレーボールに励むなど
筋力で今まで何とか持ちこたえてきましたが、
知らないうちに膝をかばっていたことで腰など別の部分に負担がかかり、
六十代の今になって、痛みとして現れてきていたのです。

早速キネシオテーピングで膝をサポート。
「階段が楽になった!」と喜びのお声をいただきました。

「リハビリを続けているが、どうも良くならない・・・。」とお感じの方、
カイロプラクティックがお役に立てるかもしれませんよ。


【森田健康回復センター】
愛知県豊橋市東脇4-11-15
TEL:0532-32-6971
URL:http://www.m-kaifuku.com/
TWItterはこちら
スポンサーサイト
2014-10-01 : 未分類 :
Pagetop
ホーム

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。