「症状が出ているところが原因ではない」という事例(1)

今日は、最近来院された方の事例をお話ししようと思います。

その方は、「右腕が上げられない」という症状に苦しまれていて、
6年前に外科手術を受けれれました。
その後、一時的に上がるようになったのですが、
3年後には肩の筋肉がすっかり落ちてしまって
再び手が上がらなくなってしまいました。
色々な病院で診察してもらっても「肩に異常はない」という診断ばかり。
骨盤に歪みがあるということは、レントゲンで分かっていたのですが、
お医者さんでは打つ手がないとのこと。
そこで、こういうときは整体の先生に相談してみようということになり
当院にご来院いただいたということでした。

お話を聞いてみて、
骨盤を調整しないといけないことはもちろんですが、
「もしかして、首に問題があるのでは?」ということが気になりました。

そこで、まずは骨盤チェックで歪みを確認して調整。
膝・肩・首の傾き&高さの違いを修正していきました。

そして、気になっていた首の状態。
首の骨が神経を圧迫することで手足に痛みやしびれの症状が出る、
「頸椎狭窄症(けいついきょうさくしょう)」の可能性がありました。
そこで、首に牽引装具をつけて牽引。
その後、歪みをとる手技での施術を行いました。

施術後には、「今回だけで、だいぶ楽になった!」と
喜んでいただけました。

ただ、今まで長年抱えておられた症状ですので
今後1~2週間は週1回~2回のペースで、
その後は様子を見ながら2週間~1ヶ月に1回のメンテナンスという
回復予定を立てさせていただきました。
一日も早い健康回復をお祈りしています。



【森田健康回復センター】
愛知県豊橋市東脇4-11-15
TEL:0532-32-6971
URL:http://www.m-kaifuku.com/
TWItterはこちら
スポンサーサイト



2013-05-01 : 未分類 :
Pagetop
ホーム

カテゴリ